記事の詳細

営業推進・開発のMです。本日は、kintoneの機能の一部をご紹介します!
今回ご紹介するのは「リマインダー機能」「通知機能」です。

ざっくり、概要を。リマインド・通知を自由に設定することができるので、「あるタイミングで(もしくはある条件下で)、所定のメンバーに、自動的に通知を表示することができる」と思っていただいてよいです。

例えばこんな活用シーンがあります。

・物品購入申請を上長へ提出。提出先に選ばれた上長に、いつ誰から何の物品購入申請があったことを通知。
・営業日報に上司からコメントがつくと、日報を書いた営業のスマホに通知される。
・大事なお客様のお誕生日にサプライズで連絡したい。準備も当日も忘れないように、3日前と当日に自分にリマインド通知。
・企画書を提出するも、上長から差し戻しされてしまったと企画者に通知。さらに上長からコメントがあったことを通知され「見込める売上をもう少し詳しく教えて!」と食いつきのコメントをゲット。
・在庫がゼロになってしまった時点で仕入れ・調達担当の2人と統括部長に通知。
・パーティープランのご予約があった時だけ、特別メニューの食材を調達するために4日前にシェフだけにリマインド通知。
・もうすぐ有給休暇の取得期限。期限よりも1週間前に自分に通知。
・休日出勤の申請をしたけど返事が何もない場合、申請から3日後に申請先の上長に確認のメッセージを通知。

業種業態問わず、様々なシーンを挙げさせていただきました。項目や機能や設定の自由度が高いのが特長なので、業界やその会社にピッタリの運用ができるのです!

今回ご紹介した「リマインダー機能」「通知機能」の活用シーン例を見て、「うちの会社だったらこれもできるかな?」と思われましたら、ぜひお気軽にお声がけください!

お問い合わせはコチラからどうぞ!

 

それでは、また次回。

関連記事

Focus U タイムレコーダー Focus U 顧客管理 キャップクラウド株式会社 資料請求はこちら
ページ上部へ戻る