記事の詳細

こんにちは、営業推進のMです。

今回は、営業さんの一日のお仕事の中から、「Focus U 顧客管理」を見てみましょう。

さて、出勤。
その日の訪問の準備をして、外出・商談→見積作成→報告→帰宅、こんなストーリーを例にしましょう。

●商談前に昨年実績をチェック!

焦らなくても、kintoneならインターネット接続環境さえあればいつでも中の情報の確認ができます。
例えば、訪問先のデータだけをグラフ化の対象に絞り、製品のご注文状況などをグラフ化機能で可視化しておくのも、商談やプレゼンに効果的です。

●名刺管理ソリューションと連携して最新の見込みをカンタンに新規登録・得意先の情報を簡単に更新

外出先で新しい名刺を手に入れて、それを名刺管理ソリューションに取り込むだけで、「Focus U 顧客管理」の顧客台帳に登録ということも可能です。
また、「販売管理ソフト連携オプション」を利用すれば、取り込んだ名刺情報が顧客台帳に登録される→その顧客台帳に登録された情報が自動で販売管理ソフトの得意先台帳に登録される…という運用も可能です。そうすると、二重入力はもちろん不要、バックオフィス側のスタッフの手を煩わせることもありません。

また、kintoneは柔軟かつ簡単にカスタマイズや設定をおこなうことができますので、新規の会社の名刺だけ登録する(既存顧客の新しい人物の名刺をもらっても新しい得意先として登録はしない)といったような設定も。

例)弥生販売の得意先台帳とkintone「Focus U 顧客管理」の顧客台帳とで同じ情報が見られます
弥生販売の得意先台帳
%e5%bc%a5%e7%94%9f%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e9%80%a3%e6%90%ba%e3%83%bc%e5%bc%a5%e7%94%9f%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e3%81%ae%e9%a1%a7%e5%ae%a2%e5%8f%b0%e5%b8%b3%ef%bc%93

kintone「Focus U 顧客管理」の顧客台帳
%e5%bc%a5%e7%94%9f%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e9%80%a3%e6%90%ba%e3%83%bckintone%e3%81%ae%e9%a1%a7%e5%ae%a2%e5%8f%b0%e5%b8%b3%ef%bc%93

●帰社しなくても見積作成

帰社して販売管理ソフトを立ち上げなくても見積作成ができます。
作成した見積は、kintoneの機能で上長に提出、承認をもらうまでのワークフローをkintoneで運用できます。
無事、承認をもらったら、承認をもらった見積だけを販売管理ソフトに反映するといった運用も可能です。

●営業日報と顧客台帳をつなげて、日報の入力もラクに、顧客情報から過去の日報をたどるのもラクに

販売管理ソフトに日報の情報をそのままくっつけるわけにはいきませんが、「Focus U 顧客管理」なら可能です。
販売管理ソフトと「Focus U 顧客管理」を連携すれば、顧客台帳は販売管理ソフトと自動同期、つまり「Focus U 顧客管理」の顧客台帳の情報は販売管理ソフトの得意先台帳と同じです。
加えてkintoneはアプリと別システムの情報を結びつけるのが容易ですので、kintoneのアプリ(この場合顧客台帳アプリ)から営業日報の履歴を確認することもできるのです。

「Focus U 顧客管理」
「販売管理ソフト連携オプション」

関連記事

Focus U タイムレコーダー Focus U 顧客管理 キャップクラウド株式会社 資料請求はこちら
ページ上部へ戻る