記事の詳細

今回は、弊社のkintoneソリューションのポータルの活用一例をご紹介します。

アクセスした時、システムを開いた時に、パッと目に飛び込んでくる情報は、「いつでも自分が知っておきたい状況」であってほしいですよね。

例えば新商品の売上個数や売上額だったり、大きなプロジェクトの作業状況であったり、目標売上に対する今の売上や見積状況だったり。

kintoneでは、そうした情報をリアルタイムに知ることができ、ポータル(開いた時の最初の画面)に表示する情報を柔軟に選ぶことができます。

会社に受注FAXなどが来るたびに「速報!」と社内の事務さんにお知らせいただいたりしなくてもいいのです。(そういう企業様も以前にいらっしゃいました)

 

今回ご紹介するのは、「営業課ごとの見積状況」のグラフ表示です。伸び盛りの企業様ではさかんに数字が動くところですので、経営層の方や営業の責任者の立場にある方などは、常に戦況(!?)を把握しておきたいですよね。

ブログ用ポータル一例

じゃん。「おお、○○部が頑張っているな」「この月は他に比べて見積が少なかったようだけど、なぜだろうか?どんな活動があっただろうか?」などなど、数字からの情報を元に、付随する情報のどれを見ればいいのかすぐに見当をつけることもできますね。

 

他にも、円グラフ、折れ線グラフ、棒グラフなど、さまざまな方法で、任意のデータを可視化することができます。

「どんな機能があるのか、詳細を見てみたい」といった方は、こちらからご相談ください。

資料のお渡しやオンラインデモ等、ご案内可能です。

関連記事

Focus U タイムレコーダー Focus U 顧客管理 キャップクラウド株式会社 資料請求はこちら
ページ上部へ戻る